悪質なサイトに注意

置き換えダイエット用のダイエット食品は数多く販売されており、そのほとんどがダイエットを頑張る方のことを応援して開発されたもので、ダイエットを挫折しないように工夫されています。
しかし、ネットでダイエット食品を購入する場合、注意しなければいけないこともあります。それは、実際にダイエット効果があったという口コミや、最も売れているダイエット食品をランキングするサイトを鵜呑みにしてはいけない、ということです。
ダイエットを始めようとしている人は、より効果的なダイエットができるように、ネットの口コミサイトなどを見て情報を得たいと検索する人も多いと思います。ところが中には、そんなダイエットを頑張ろうとしている人のことを一切考えず、報酬だけが目当てのサイトの運営者もいます。
そのような悪質な運営者は、役立つ情報を提供する気は全くなく、報酬の良い商品を売ることだけを考えています。そのため、口コミやランキングのサイトは商品の内容に関わらず、ほとんどが報酬の高額な商品なのです。
「1ヶ月で○Kg痩せました!」などが書かれているサイトをよく見かけますが、これだけを見て購入するのは絶対にやめましょう。運動なし、他の食事制限なしで、絶大なダイエット効果があったかのように書かれていますが、これだけを信じてはいけません。体験者が実際に1ヶ月で数キロ痩せたとしても、運動をしていたり、他の食事制限を併用していたりして、その結果が出た場合がほとんどなのです。
特に、置き換えダイエットをする人は、「短期間で痩せたい」という人が多いと思うので、1ヶ月で何キロも痩せたという言葉に惹かれてしまうと思います。しかし、ダイエット効果を判断するのに大事なのは、カロリー、栄養素、食欲の抑制効果などです。その食品だけで置き換えダイエットをして本当に満足できるか、食事1食分の栄養素がしっかりとれるか、などの条件をクリアしていないダイエット食品は、理想的なものではありません。
体重がどんどん落ちたら嬉しいかもしれませんが、体調を崩したり肌がボロボロになったりしたら、美しくダイエットできたとは言えないでしょう。そのため、ダイエット食品を選ぶ際は、口コミや謳い文句だけを頼りにせずに、美容と健康にプラスの効果があるかどうかをよく確認しましょう。

「そば」で置き換えダイエット

「そば」もダイエットに適した食品だと言われているのをご存じですか?
そばを利用したダイエットでも効果的なのが、1週間、主食をそばに置き換える置き換えダイエットです。ご飯やパンなどの主食の炭水化物をそばに置き換えるだけで、それ以外の制限は特にありません。
そばは、食後の血糖値の上昇を示すGI値(グリセミック・インデックス)が低い食品です。同じカロリーの食品を食べても、GI値が低いものは血糖値の上昇と下降が穏やかになります。食後の血糖値の変化が穏やかな場合、次のようなメリットがあります。まず、皮下脂肪が作られにくいので太りにくくなります。さらに、空腹感を得にくくなるので、食べ過ぎを抑えることができるのです。
GI値は、基本的に、白米や白砂糖などの精製された食品よりも、玄米や黒砂糖などの未精製の食品の方が低くなります。では、多くのGI値の低い食品の中で、なぜそばが良いのでしょうか。それは、そば1食のカロリーが、白米と同じくらいなので、そばで置き換えダイエットを行った場合、腹持ちが良いからです。また、そばに含まれる「ルチン」は、血流の改善や抗炎症効果があると考えられています。それらのことから、栄養豊富で肌にも良いそばが特に適しているのです。
そばの置き換えダイエットは効果的といっても、食べ過ぎたり、天ぷらなど脂質の多いものと一緒に食べたりしてはカロリーオーバーになって意味がないので、気を付けましょう。また、恐ろしいのは「そばアレルギー」です。これまでそばを食べても問題なくても、過剰に食べるなどすると、急にアレルギーを発症してしまうこともあります。少しでも異常だと感じたら、すぐにこのダイエットはやめて、病院で相談しましょう。

ゼリーで置き換えダイエット

置き換えダイエットが流行してきて、そのためのダイエット食品も多く販売されていますが、カロリーの低いゼリーで置き換えるという方法にも注目が集まっています。
ゼリーによる置き換えダイエットの方法は、朝食と昼食は好きな食事をとり、夕食にコップ2杯の水と一緒に100Kcal以下の低カロリーゼリーを食べます。朝と昼はなんでも食べても良いということで、ストレスを感じることもなく、途中で挫折したりリバウンドしたりすることも少なく、多くの人がこの方法で効果的にダイエットできているようです。また、短期間で効果が現れたという報告も多いです。
もし、ゼリーだけでは物足りなく空腹感が我慢できない、という人は、サラダを少し食べても良いです。ゼリーの味や量などは好みの物で良いですが、とにかく100Kcalというとは必ず守りましょう。
最近では、さまざまな食品にカロリーや成分などの表記がされているので、すぐに探せると思います。また、食物繊維が豊富な“寒天ゼリー”など、美容や健康のことを考えたゼリーも多く出回っているので、それらを積極的に選ぶと良いでしょう。
ゼリーがどうしてダイエットに効果的なのかと言うと、ゼリー状の食べ物は、糖が吸収されるのが遅いので、急激に血糖値が上がることがありません。そして、インシュリンが過剰に分泌されるのを抑制し、脂肪の蓄積を妨げることがあげられます
ただし、いくら効果のあるダイエットと言っても、注意しなければならないこともあります。どの置き換えダイエットでも言えますが、いくら低カロリーでも、食べ過ぎたらそれだけカロリーは高くなりますし、すべての食事をゼリーに置き換えたら栄養不足になります。そのため、朝食と昼食は栄養バランスの良い食事をしっかり食べるように心がけましょう。

「酵素ドリンク」とは?

スタイル抜群のモデルさんや、きらきら輝く多くの芸能人たちが実践しているのが、「酵素ドリンク」の置き換えダイエットです。あんな美しい体形になりたい、最近よく聞くから自分も始めてみようかな、と思っている人も多いと思います。それでは、酵素ドリンクによる置き換えダイエットについて紹介します。
まず、そもそも“酵素”とはなんでしょう。酵素とは、人間の体の健康を維持するための重要な物質です。酵素にはさまざまな種類があって、私たちの体の中に存在します。そして、血液や内臓、筋肉など、人間が生きていくための働きすべてを担っています。たとえば、食べたものを体内で消化して、腸で栄養を吸収するという流れのなかには、酵素によってさまざまな化学反応が起きているのです。
では、置き換えダイエット用のドリンクと「酵素ドリンク」として販売されているドリンクの違いはなんでしょう?実を言うと、その2つを分けるはっきりとした違いはないそうです。なぜなら、従来のダイエットドリンクに含まれるビタミンなども酵素の1つだからです。つまり、栄養バランスが調った従来のダイエットドリンクでも、酵素をしっかりと補うことができるのです。そのため、必要な栄養素を補うことができるドリンクなら、酵素としての効果が働くのです。「酵素ドリンク」として販売されていても、特殊な成分が入っているわけではないということです。
酵素は、私たちが活動するために欠かせないものなので、毎日補給する必要があります。「酵素ドリンク」と書かれていなくても、食事を置き換えるだけの栄養素を摂取できるドリンクであれば、健康的な体に導き、効果的なダイエットをサポートしてくれるはずです。

「ダイエット甘味料」は危険か?

置き換えダイエット用などのほとんどのダイエット食品には、「ダイエット甘味料」が使われています。ダイエット食品でなくても、カロリーを抑えたお菓子やアイスクリーム、コーヒーシュガーなど、多くの食品にも使われていることがあります。しかし、「ダイエット甘味料は危険」という話を聞いたことがある人もいると思います。
ダイエット甘味料の危険性としては、ガンや白血病のリスクが増大したり、腎機能障害や精子減少などが起きたりする原因となる、という説もあります。しかし、危険なものではなく、安全性が認められておりダイエットに効果的だ、とも言われています。
では、結局のところ、ダイエット甘味料は安全なのか危険なのかというと、それは諸説あるので、個人のスタンスによって使うかを決めることになります。少しでも危険性が疑われるのなら、子どもさんや年輩の方、妊婦さん、体の弱い方は避けた方が良いかもしれません。でも、そのような方はダイエットをすることはないでしょう。
置き換えダイエットをしている一時期の間だけの摂取ならと、ある程度軽い気持ちで取り入れても問題ないと思います。あまりに気になるようでしたら使わない方が良いですが、手にする食品すべてを確認するくらい神経質になり過ぎるのもストレスがたまってしまいます。
ダイエット期間の数ヶ月の摂取なら問題ないと思いますが、ダイエットを終了しても摂取する場合は、無添加で高品質の素材の甘味料を使いましょう。そのような健康効果を重視した甘味料も数多く販売されているので、自分の安心できるものを探してみると良いです。

「こんにゃくダイエット」は効果的?

置き換えダイエットで置き換える食材として、とてもカロリーが低い「こんにゃく」を使う人も多いと思います。
こんにゃくは、食物繊維が豊富に含まれており、脂肪の吸収も抑えることができ、老廃物の排出も促す作用があります。さらに、コレステロールの吸収も抑え、食物繊維が体内で膨らみ食欲を抑える効果もあるので、ダイエットにはもってこいの食材です。
しかし、ダイエットには最適なこんにゃくでも、ダイエットの取り入れ方によっては危険になることもあります。短期間ですぐに痩せたいからと言って、1日の食事すべてをこんにゃくに置き換えると、栄養不足で体が飢えた状態になってしまいます。そうなると、肉体的な老化、精神的ダメージ、骨粗鬆症などを引き起こしたり、女性の場合は月経がこなくなったりしてしまいます。
このような危険な状態にならないために、こんにゃくで置き換えダイエットを行う場合は、1日1食を置き換えるのがベストです。こんにゃくを使った料理はいろいろあるので、毎日工夫すれば飽きることなく続けられると思います。たとえば、最近では、こんにゃくで作られたラーメンやうどん、パスタなど、こんにゃく麺がスーパーでも売られています。美味しく味付けもされているので、利用してみると良いでしょう。また、こんにゃく麺を買わなくても、糸こんにゃくを麺に見立てて作ってみても良いでしょう。
炭水化物の量を減らして、その分こんにゃくを使えば、かなりカロリーも抑えられますし、こんにゃくに含まれる食物繊維によって、腸内環境も改善することができます。焦らず1日1食をこんにゃく料理に置き換えることで、効果的にダイエットできるでしょう。

「おから」で置き換えダイエット

「おから」は、置き換えダイエットにおすすめの食材の1つです。
おからは、豆腐を作る時に出る豆乳の絞りかすなので、大豆と同様にイソフラボンやレシチン、サポニンなど健康に良い成分が豊富で、ダイエットや美容にとても良い効果をもたらします。また、食物繊維も豊富なので、便秘の解消や抗酸化作用、美肌効果など、さまざまな良い効果が期待できます。
おからのカロリーは100gで約100Kcalです。1日の摂取量の目安は50gと言われているので、50Kcal程度になります。おからは、低カロリーですがとても満腹感を与えてくれるので、料理の“かさ増し”にぴったりです。そのままだとちょっと食べにくいですが、ご飯や料理に混ぜ込んで食べれば、味も気になりませんし、カロリーを抑えることもできます。 それでは、置き換えダイエットにおすすめのおからを使った料理のアイデアを紹介します。
味噌汁におからを入れるだけで、満腹感の得られる味噌汁に変身します。そのため、一緒に食べる他のおかずやご飯の量も減るでしょう。炊いたご飯に混ぜるだけでも、カロリーオフのご飯になります。また、ホットケーキミックスにおからパウダーを混ぜて焼けば、低カロリーおやつの完成です。このおからホットケーキは、食事の置き換えダイエットというより、おやつがやめられない人におすすめです。ポテトサラダやハンバーグ、餃子などには、混ぜて練るだけでかさ増しすることができます。

「アーモンド」で間食置き換えダイエット

「アーモンド」は、洋菓子などに使われていることも多いので、カロリーが高くダイエットには向いていないイメージがあるかもしれません。とろこが、おやつの代わりにアーモンドを食べていた人の多くが、ダイエットの良い効果が現れたという例が多数あるようです。
実は、海外のセレブや有名女優たちも、アーモンドなどのナッツの美容効果に注目しており、ナッツの置き換えダイエットを取り入れているようです。ナッツは栄養素が豊富でスリムになる効果のある“天然サプリメント”とも呼ぶことができるくらいです。中でも、アーモンドは特にダイエットに良いようです。
アーモンドのカロリーだけを見ると、100gあたり606gと驚くほどの高カロリーです。これは、アーモンドの15%が脂質であるためです。でも、それ以上に女性にとってとても有効な栄養素が豊富に含まれているのです。
アーモンドには、便通を良くする不溶性食物繊維や、皮下脂肪になりにくい性質を持つ不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸、その他にもビタミンEなどの栄養成分が多く含まれています。さらに、美肌効果やアンチエイヂング効果のある成分もたっぷり含まれているのです。
アーモンドの置き換えダイエットのやり方は、素焼きのアーモンドを1日25粒程度食べるだけです。ダイエット中にどうしてもおやつを食べたくなった時に、アーモンドを食べるようにしましょう。満腹感が得られるので、空腹感を抑えることができます。
ただ、注意しなければいけないことは、アーモンドを食べれば食べるほど痩せることができる、ということではないことです。カロリーが高いことは事実なので、食べ過ぎると当然太ってしまいます。また、チョコレートにコーティングされたアーモンドチョコや、塩味などの味付けがされたものは、さらに高カロリーですし食べ過ぎてしまうので避けましょう。
このダイエット法は、間食がやめられない人向けなので、よりダイエットの効果を上げたい人は、1日の食事の1~2食を低カロリーの食べ物に置き換えて、さらに間食をアーモンドに置き換えるとより効果的です。